クラインボトル 474

1 : 無題(3)  
無題
1 名前:a

2020/06/13 (Sat) 13:57:32

テスト

3 名前:a

2020/06/13 (Sat) 14:02:39

落雷 自分の傷が見る見るうちに回復していく。与吉はそれを見て驚くことも無く「回復能力か」と呟くと礼の言葉を述べ頭を下げた。
 羽賀野に目をやると一言だけ呟いてその場を後にした。ボクもやらなきゃいけないんだよなと思い、椿の顔を見る。彼の身長からすると椿を見下す形になってしまう。それは悪いと屈むように、彼女の顔の高さに自分の顔の高さを合わせた。

「先生に報告か……椿さん?だったよね」
「ボクたちも行こう、職員室に。職員室に行けば誰かに会えるだろうし」

 姿勢を伸ばし、首に手を当てた。左右に傾けるとポキポキ鳴った。そうした後に彼女の顔を一度見ると、早めの歩調で学園へと歩みを進めた。

>椿

2 名前:a

2020/06/13 (Sat) 14:01:52

落雷

  • 名前: E-mail(省略可):
  • 画像:
    • タイトル:
    • 名前: E-mail(省略可):
    • 画像:
Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.